有酸素運動取り入れてダイエットをする場合

ダイエットには運動が必須項目

 

 

健康的に体型を崩さずにダイエットするなら、運動は必須です。ダイエットというと食事やサプリメントだけという人もいるかもしれませんが、体脂肪を燃やすには運動は外せません。

 

 

ただし、運動=体脂肪が使われる、ということではありません。例えば、フルマラソンの42.195キロを2時間半で完走したとしても、消費するカロリーは2400kcalです。

 

 

体脂肪料に換算するとたったの340gでしかありません。また、体脂肪1kgを減らすには約7000kcalの消費をしなければなりません。

 

 

これを消費するのに、ジョギングでは約15時間、ウォーキングだと35時間も続けなければなりません。このように、単純に体脂肪を運動だけで減らすという考えは現実的ではありません。

 

 

 

運動は代謝を活発にする

 

 

カロリーを消費するのが目的でないなら、なぜ運動が欠かせないのでしょうか?それには3つの理由があります。

 

 

1、運動によって筋肉をつけると基礎代謝が増える

体の組織の0中で最もカロリーを消費するのは筋肉です。基礎代謝のうちでも筋肉が最も多くのエネルギーを消費します。運動によって筋肉が増えれば増えるほど基礎代謝量が増え、消費カロリーも多くなります。

 

 

2、運動は交感神経の働きを活発にする

運動によって交感神経の働きが活発になると、血液中のアドレナリンが増えて、体脂肪が分解されやすくなり、よく燃焼されるようになります。

 

 

3、運動はインスリン抵抗を改善する

インスリン抵抗性とは、血糖値を下げるインスリンの働きが悪くなることです。こうなると血糖値を下げようとすい臓からインスリンがたくさん分泌されることになり、その結果体脂肪の合成が促進されてしまいます。

 

運動を行うことによって、このインスリン抵抗性を改善し、インスリンの分泌が抑えられ体脂肪合成が緩やかになるのです。

 

 

 

まとめ

 

このように、運動には代謝を良くし、体脂肪を増えにくくする大きな働きがあります。しかし、運動さえしていれば体脂肪が落ちていくわけではありません。

 

 

ダイエットを成功させるには運動+食事が不可欠です。

 

 

 

食事対策で体脂肪が溜まるのを抑え、運動で筋肉をつけて体脂肪を燃やしやすい体を作ること、この2つが揃って初めて健康的に体脂肪のみを減らすことができるのです。

スポンサードリンク

 
トップページ 糖質制限ダイエット ダイエットグッズ