ケトンダイエットについて解説

糖質をとると脂肪が落ない、という方へ

 

人によっては糖質をとるとなかなか痩せない、という人もいます。特に体脂肪率の多い人は炭水化物をとりながらのダイエットは、相当運動量が多くないと難しいです。

 

なぜかというと、糖質というのは体にとって効率のいいエネルギー源なので、体が脂肪をエネルギーとして使わなくても済むからです。

 

その場合は、基本にこだわらず違ったアプローチが必要になってきます。

 

そこでオススメなのがケトン体ダイエットです。ケトンとは、肝臓で脂肪酸から作られる物質の総称のことをいいます。

 

 

ケトン体ダイエットとは?

 

絶食、断食などの飢餓状態のときにエネルギー源となるのは、ケトン体の中の3-ヒドロキシ酪酸とアセト酢酸の2つだけです。

 

絶食すると、体内のブドウ糖は1日で枯渇します。

 

しかし、脂肪酸から作られるエネルギーでは人間は数週間以上生き延びることができます。

 

冬山などで遭難して助かった人たちというのは、脂肪酸から作られたエネルギーであるケトン体を使って生き延びていたのです。

 

つまり、ケトン体ダイエットとは、一定期間糖質を制限して脂質がエネルギーとして使われるようにするダイエット法です。

 

 

ケトン体を生成するには?

 

現代の日本人は、ケトン体回路を使える体になっていません。なぜなら、日常的に炭水化物をとっているため、ブドウ糖がエネルギー源になっているからです。

 

ブドウ糖というエネルギー源がなくなった時、体はどういう反応をするかというと、肝臓のグリコーゲンを使ってブドウ糖を作り始めます。これを新糖生といいます。

 

そして、それも枯渇すると、今度は脂肪酸を使ってブドウ糖に変わるエネルギーを作り出します。これがケトン体です。

 

つまり、ケトン体を生成するには、一定期間糖質を入れないようにしなければなりません。

 

この期間は約2週間といわれています。2週間は炭水化物の摂取を0にする必要があるのです。

 

 

体に脂肪をエネルギーとして使わせる

 

一定期間炭水化物を抑えることによって、意図的に飢餓状態を作りだすわけです。

 

この状態になると、体は脂肪を優先してエネルギーにするため、多少食べても、食べたものが脂肪になることはありません。

 

もちろん、油物や炭水化物を連日食べ過ぎれば再び体は糖質をエネルギーとして使い、脂肪を溜め込もうとします。

 

しかし、期間を限定して継続して行えば、理論上は1年中脂肪の少ない体になれる、ということがいえます。

 

例えば、2週間炭水化物を0、そして1〜2日は炭水化物を食べたいだけ食べる、そしてまた2週間は炭水化物0、というふうにします。

 

 

2週間の食事

 

2週間は炭水化物は0にする必要がありますが、それ以外は基準カロリーの範囲内でタンパク質と脂質をとるようにします。

 

最低でも基礎代謝分のカロリーはとるように心がけましょう。

 

脂質といっても、とんかつや唐揚げなどではなく、良質の油です。具体的にはオリーブ油やナッツ類、青魚などです。

 

タンパク質は肉、魚、卵、牛乳などから取るようにしましょう。ただし、これらにも脂質は含まれているので注意してください。

 

肉はなるべく脂肪の部分は取り除いて調理するとよいでしょう。

 

 

まとめ

 

・ケトン体ダイエットは、最低でも2週間は炭水化物を0にしなければならない

 

・一旦脂肪をエネルギーとして使うことを覚えさせると脂肪がつきにくくなる

 

・炭水化物0にしている間はタンパク質と脂質をカロリーの範囲内でしっかりとる

 

糖質制限の安全性について

スポンサードリンク


 
トップページ 糖質制限ダイエット ダイエットグッズ