糖質制限否定派の意見を解説

糖質制限を否定派

 

糖質制限を否定している人は医者や病院の院長に多いです。理由は、患者として訪れた人が糖質制限をして体調を崩した人たちを見ているからです。そのような人たちをみて、そうなったのは糖質制限が原因だと主張しているようです。

 

 

しかし、よくよく調べると、体調を崩して来院した人というのは、病気になるべくしてなったと言える状況なのです。要するに、間違った解釈で糖質制限をしたために病気になっているのです。

 

 

多いのは、「糖質さえ制限すればあとは何を食べてもいい」と勘違いしている人。

 

 

 

いくら糖質制限をしたとしても、それ以外の食事で好きなものを食べまくったら病気になるのも無理ないでしょう。糖質を摂らない代わりにとんかつや唐揚げなど食べたい放題食べればいつかは体を壊すでしょう。

 

 

そう言った人たちを見て、糖質制限は危険だと訴えているようです。また、糖質は人間にはなくてはならない栄養素だと主張する人もいます。しかし、これも科学的には解明されていません。

 

 

ご飯を食べるようになったのは、弥生時代からと言われています。それ以前、縄文時代などは狩りで得た獲物や、木の実、昆虫などを食べていたといわれています。

 

 

糖質制限を否定する人は、脳に糖分が行き渡らなくなるから危険だといいます。しかし、人間の体は元々糖質をとっていなかったため脂質やタンパク質を糖質に変えてエネルギーにする機能が備わっています。

 

 

ケトン体ダイエットのように2週間と決めて糖質制限をする分には、まず問題ないといえます。ただし、それ以外の栄養素のタンパク質や脂質はきちんと計算して食べた場合です。

 

 

先ほどのように、糖質さえ制限すればなんでも食べていいといおう誤った認識は体調を崩す元になります。

 

スポンサードリンク

 
トップページ 糖質制限ダイエット ダイエットグッズ