1日に必要なカロリー

1日に必要なカロリーとは?

 

ダイエットで脂肪を落とすには、1日の適正な食事量を知らなければなりません。食事量とは、つまりカロリーです。理屈から言えば、消費カロリーよりも多少低めの摂取カロリーがダイエットに最適な食事量です。

 

 

ダイエットのための適正な食事量を知るには「1日に必要なカロリー」を使って算出します。これは日常活動を前提とした、体を維持し、健康に生活するために最低限必要なエネルギーのことです。

 

 

1日の食事量、つまり摂取カロリーを、「1日に必要なカロリー」より、200〜300カロリー低めにすることがダイエットを成功させるコツです。これくらいのカロリー減が、ストレスを溜めず無理なく徐々に脂肪を減らしていく最善の方法です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

1日に必要なカロリーの算出方法

 

 

「1日に必要なカロリー」は、性別や年齢、身長、体重、活動量によって違います。そこで、一般的には自分の標準体重値に、その標準体重1キロあたりに必要なカロリーをかけて算出します。

 

ダイエット リバウンド,

1日に必要なカロリーを算出するための計算法

 

 

1日に必要なカロリー標準体重×標準体重1キロあたりに必要なカロリー

 

 

標準体重1キロあたりに必要なカロリー

  • ほとんど活動量のない人(お年寄りなどの場合)・・・20〜25カロリー
  • デスクワークの多い事務員、管理職などの場合・・・25〜30カロリー
  • 外回りが多い営業マン、店員、工員などの場合・・・30〜35カロリー
  • 農業、漁業、建設作業員などの場合・・・35〜40カロリー

 

例:女性、事務員、体重50キロの場合・・・1日の必要カロリーは1250〜1500カロリーとなります。ダイエットする場合は、これより200〜300カロリー減らした食事量にします。

 

上記はあくまで目安なので、体重の変化や体脂肪率などを見ながら微調整するようにします。

 

 

 

カロリーの目安

 

コンビニに売っている食品を例にご紹介しています。

 

おにぎり・・・梅:約170kcal、ツナマヨネーズ・・・約210kcal、昆布・・・約170kcal、鶏五目・・・約180kcal

サラダチキン(鳥の胸肉)・・・約130kcal

セブンイレブン10品目の野菜サラダ・・・83kcal

 

例えば、上記のおにぎり1個、サラダチキン、野菜サラダを1食として食べた場合、約380kcalとなります。

 

仮に、これを1日3食食べたとすると、トータルカロリーは1,140kcalです。

 

女性で事務職の人でもダイエット食としてOKですね。

 

 

 

 

満腹まで食べる習慣を変える

 

 

上記で説明した食事量は、いわば腹7分目位の食事量です。

 

 

いつも満腹まで食べている人には、物足りない食事量かもしれません。また、いつもの半分程度にしか感じられない場合、胃拡張になっている可能性もありますが、ほとんどは習慣です。

 

 

はじめは、この1日の適正量は我慢が必要かもしれませんが、2〜3週間も続けるうちに、次第に慣れてくるでしょう。

 

 

もし、通常の食事ではどうしても我慢できず食べてしまう!という場合は、ダイエットフードなどを上手に活用するのも1つの手です。置き換えダイエット食品としても人気なのがすっきりフルーツ青汁です。飲みやすく天然成分も豊富で女性に大人気の青汁です。

 

 

参考サイトはこちら↓
すっきりフルーツ青汁で3か月で5キロ効果的に痩せるには?

 

 

こちらの記事もよく読まれています
体脂肪の測り方