ダイエットでリバウンドしないための正しい知識と効果的な方法

ダイエットの停滞期を乗り切るには?

 

 

ダイエットを始めると、最初の1〜2週間くらいは順調に体重が減りますが、3〜4週間目頃になると体重の減り方が足踏み状態になることがあります。

 

 

それまでと同様に、きちんとダイエットをしていても体重に変動が見られなくなるのです。これが停滞期です。停滞期は、ダイエットをしている場合遅かれ早かれ必ず訪れるものです。

 

 

では、ダイエットにおける停滞期とは何なのか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

ダイエットの停滞期は体の防衛本能

 

 

ダイエットにおける停滞期とは、実は体が生命を守るための防衛反応なのです。ダイエット開始当初の体重の減少は、実は体脂肪が減ったわけではありません。

 

 

減った体重のほとんどは水分です。さらに、ダイエットを続けていると、体は入ってくる食べ物が少ないことを「飢餓に向かっているのではないか?こでれは危険!」と判断します。

 

 

そして、これ以上体重が減らないようにと、筋肉を減らすことで一時的に基礎代謝などの消費エネルギーを低下させ、体脂肪をエネルギーとして使わなくなります。

 

 

この現象は、体が飢餓に備えてなんとか少ないカロリーでも生きていけるように節約モードに切り替えているのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

停滞期は脂肪を落とすための準備段階

 

停滞期は、ダイエットに失敗する大きな要因でもあります。ダイエットを続けていると最初の3〜4週間目だけでなく、さらに数週間後、あるいは数ヵ月後と何度も停滞期が訪れます。

 

 

しかし、停滞期というのは反面ダイエットが順調に進んでいる証拠でもあります。それまでの体重減の慣れでもあり、今後さらに体重が減るための準備段階でもあるのです。

 

 

停滞期が続くのは、せいぜい1〜2週間です。焦らずにこれまでどおり正しいダイエットを続けていれば、必ずまた体重が減り始めます。このようにして停滞期を繰り返しながら体重は減っていくのです。

 

 

ただし、停滞期を確実に乗り切るには、筋トレや有酸素運動を加えるのが大きなポイントとなります。

 

 

こちらの記事もよく読まれています。
ダイエットに欠かせない運動とは?

スポンサードリンク


 
トップページ 糖質制限ダイエット ダイエットグッズ