急激にダイエットをすると体に異常をきたす

急なダイエットは体に障害を起こす

 

ダイエット完全マニュアル

 

本来、体脂肪は短期間に落とせるものではありません。よく1週間で5キロ落ちた、とか1ヶ月で10キロ落ちた、などとダイエットサプリメントなどの宣伝で謳っていますが、その多くは水分や筋肉で脂肪はわずかです。

 

 

健康的に、リバウンドしないように脂肪を落とすなら、人間の体の構造上1ヶ月で1〜3キロが限界です。

 

 

なぜなら、体は急激な変化に対応しようとします。急な変化とは、食べ物が入ってこなくなるため、飢餓に備えようとするのです。

 

 

そのため、脂肪は万が一のためなるべく保持しようとし、代わりに筋肉をエネルギーとして使おうとします。筋肉が落ちればそれだけ少ない基礎代謝で体を維持できるからです。

 

 

しかし、筋肉はあらゆる部分で必要なものです。歩いたり走ったり、出かけたりするときに必ず使われます。その筋肉が落ちれば、体力がなくなりパフォーマンスが落ちてしまいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

1週間で落ちた体重はほとんどが水分

 

よく1週間で○キロ落ちました、という宣伝文句を見ますが、短期間に落ちた体重のほとんどは水分です。体のほとんどは水分ですが、ちょっと水分が抜けただけでも数キロは落ちます。

 

 

さきほども述べたとおり、体は急激な反応に対しては守りに入るため、大事な脂肪を減らすということはしません。脂肪を使うのは最後の最後なのです。

 

 

 

月に1〜3キロのダイエットがベストである理由

 

食べ過ぎていた人が、1日の食事量から我慢せずに減らせるカロリーは500カロリーといわれています。それ以上減らすと、飢餓感に襲われいずれ我慢できなくなり、リバウンドするからです。

 

 

仮に、1日500カロリー減らしたとすると、1ヶ月に15000カロリー減らしたことになります。体の脂肪組織は、1キロあたり7000カロリーあるので、計算すると1ヶ月で2キロ減る計算になります。

 

 

しかしながら、食事量だけを減らすダイエットをすると、体の方が基礎代謝量を落として体重が減らないように働きはじめるので、実際には1日に300カロリー減らしたくらいの効果しか上がりません。

 

 

残りの200カロリー分を消費するには運動を加えるしかありません。したがって、1ヶ月に減らせる体重は人によりますが、1〜3キロ程度が妥当な数値といえます。

 

 

 

 

ダイエット中にどうしても甘いものや炭水化物を食べたくなったら?

リバウンドする前に手を打ちましょう。オススメは置き換えダイエットフードです。

発芽玄米パスタ こんにゃく麺

▲発芽玄米パスタ

 

1食あたり約106〜120kcalの低カロリーパスタ。発芽玄米の栄養素もたっぷり入って、しかも美味しい!置き換えダイエットにピッタリのダイエットフードです。

こんにゃく麺

▲こんにゃく麺(ラーコン)

 

ラーメン好きな方にオススメのこんにゃく麺。本場のラーメンの味が楽しめます!スープまで飲み干してもたったの80kcalという低カロリー食品。置き換えダイエットにもおすすめです。ダイエット中にラーメンを食べたくなったらこんにゃく麺がおすすめです!

豆乳おからクッキー 豆乳クッキーダイエット

▲豆乳おからクッキー

 

砂糖、卵、小麦粉、 不使用!「ホワイトソルガム」という穀物とおからを使用し、満腹感が得られます。また、味もとても美味しくダイエット食とは思えないクオリティ。甘いものが好き、炭水化物がやめられない、という方にオススメのダイエットフードです。


豆乳クッキーダイエット

 

ロングセラーの豆乳クッキーダイエット。4000万食以上売れているヒット商品。豆乳を原料に作った美味しいクッキータイプのダイエットフード。噛みごたえがあり、置き換えダイエットにもおすすめ。また、栄養バランスもよく、ダイエット中の栄養不足をカバーできます。

スポンサードリンク


 
トップページ 糖質制限ダイエット ダイエットグッズ