消費カロリーについて解説

1日に消費するカロリーは主に3つあります。

 

1、基礎代謝
2、生活活動代謝
3、食事誘導性熱代謝

 

 

スポンサードリンク

 

そして、基礎代謝というのは1日何もしない状態で消費されるカロリーのことをいいます。

 

こちらをご覧ください↓

 

ダイエット リバウンド,

 

 

基礎代謝の要 筋肉

 

上記の図でわかるとおり、消費カロリーの6〜7割は基礎代謝が占めていて、さらに基礎代謝のうち半分以上が筋肉が消費しています。

 

これは何を意味するかというと、ダイエットをする場合筋肉を落としてしまうと基礎代謝を下げることになります。そうなるとさらに食事を減らさなければなりません。

 

逆に筋肉を増やせば基礎代謝も増え、食べても筋肉の維持に消費されるため、脂肪がにつきにくい体になります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

生活活動代謝が多いほど消費カロリーが大きい

 

生活活動代謝とは、1日のうちでどれだけ体を動かしたか、ということです。

 

通勤、仕事、家事、運動など人によって消費されるエネルギーは違いますが、消費カロリーが多ければ多いほど食べても脂肪になりにくいといえます。

 

ダイエットをするなら、食事だけではなく、1日の消費エネルギー量を増やすことによってより効果的にダイエットをすることができます。

 

 

 

食べるだけでもカロリーは消費される

 

食事をするだけでもカロリー消費されます。カレーなど、辛いものを食べた時に熱くなることがありますが、あれは体内から熱を発しているため、カロリーが消費されている証拠です。

 

また、どれだけ消費されるかは基礎代謝量によっても変わってきます。基礎代謝が大きい人ほど食事での食事誘導性熱代謝が高くなります。

 

 

結局は基礎代謝が多いほど太りにくい体だということです。そのためには筋肉の量を増やすということが最善の手段となります。

 

このことから、ダイエットをするなら食事だけでなく、筋トレを取り入れればより効率よくダイエットを成功させることができるといえるでしょう。

 

こちらの記事も参考にしてください↓
筋トレについてはこちら

 

 

スポンサードリンク