食べ方によって脂肪がつく仕組み

夜食

 

 

夜遅くに食べ物を食べると脂肪がつきやすくなります。昼間は活動量が高まるため、交感神経の働きが高まり、食べたものを消化する働きが活発になりますが、夜は逆に休息型の副交感神経の働きが高まります。

 

 

その結果、消化する働きが鈍り、脂肪として蓄えられやすくなります。また、立っている時より寝ている時の方が血液の循環が良くなって胃腸や肝臓などに血液が集まりやすくなります。

 

 

特に寝る3時間以内に食べ物を食べると一層脂肪になりやすくなります。

 

 

 

早食い

 

 

早食いも、脂肪を増やす原因の一つです。普通、食べ物を食べると満腹中枢が反応して血糖値が上がります。そして、「もう腹いっぱいだ」という指令を出すのですが、その指令を出すまでには15〜20分かかります。

 

 

しかし、早食いをすると満腹中枢の指令が出る前にまた食べるので、結果として食べる量が増えてしまうことが肥満につながるというわけです。

 

 

ダイエットをするなら、食事はゆっくりとよく噛んで時間をかけて食べたほうがいいです。

 

 

 

ながら食い

 

 

ながら食いとは、テレビを見たり、新聞、雑誌を読みながら食べることです。特にお菓子などを間食にしてこのような食べ方をすると、つい食べすぎてしまう傾向にあります。

 

 

また、ポテトチップスや甘いスナック菓子などは食感がよく食べやすいですが、以外に高カロリーです。こうした高カロリーなものを3度の食事のほかに食べるわけですから、当然カロリーオーバーとなります。

 

 

ダイエットをするなら、間食にお菓子は厳禁といえるでしょう。ただ、なかなか間食の習慣がやめられない、という人は最近はダイエット用のお菓子もあるので、まずはそういったものからカロリーを減らしていくといいでしょう。

 

 

 

ダイエットチョコレート ダイエットクッキー

 

 

 

まとめ

 

夜は寝る3時間以上前に食事を済ませる

 

・食事をするときはゆっくりとよく噛んで食べる

 

・つい食べ過ぎてしまうながら食いに気をつける

 

 

 

 

ダイエット中にどうしても甘いものや炭水化物をガッツリ食べたくなったら?

 

リバウンドする前に手を打ちましょう。オススメは置き換えダイエットフードです。

発芽玄米パスタ こんにゃく麺

▲発芽玄米パスタ

 

1食あたり約106〜120kcalの低カロリーパスタ。発芽玄米の栄養素もたっぷり入って、しかも美味しい!置き換えダイエットにピッタリのダイエットフードです。

こんにゃく麺

▲こんにゃく麺(ラーコン)

 

ラーメン好きな方にオススメのこんにゃく麺。本場のラーメンの味が楽しめます!スープまで飲み干してもたったの80kcalという低カロリー食品。置き換えダイエットにもおすすめです。ダイエット中にラーメンを食べたくなったらこんにゃく麺がおすすめです!

豆乳おからクッキー 豆乳クッキーダイエット

▲豆乳おからクッキー

 

砂糖、卵、小麦粉、 不使用!「ホワイトソルガム」という穀物とおからを使用し、満腹感が得られます。また、味もとても美味しくダイエット食とは思えないクオリティ。甘いものが好き、炭水化物がやめられない、という方にオススメのダイエットフードです。


豆乳クッキーダイエット

 

ロングセラーの豆乳クッキーダイエット。4000万食以上売れているヒット商品。豆乳を原料に作った美味しいクッキータイプのダイエットフード。噛みごたえがあり、置き換えダイエットにもおすすめ。また、栄養バランスもよく、ダイエット中の栄養不足をカバーできます。