青汁効能

青汁とは?

 

青汁は、主にケール・明日葉を原料にしたドリンクのことです。青汁を飲む目的は色々ですが、多くはダイエットや便秘解消、それに野菜不足を補う、という目的で飲む人が多いようです。

 

ここでは、青汁の成分や効能について 解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

青汁の便秘効果

 

青汁には食物繊維が多く含まれています。そのため、便秘解消の効果を期待して飲む方が多いようです。

 

便秘は腸内活動が低下して引き起こされる現象です。食物繊維は、腸内にある排せつ物をまとめて水分も引き付けてまとめる働きがあります。

 

これにより腸のぜん動運動が活発になり、便意を誘発します。

 

つまり、青汁を飲むことによって便秘解消が期待できるというわけです。

 

 

 

青汁のダイエット効果

 

ダイエット目的で青汁を飲む方もいますが、厳密にいうと青汁を飲んだだけではダイエットはできません。

 

なぜなら、ダイエットは脂肪を落とさなければならず、そのためカロリーを落とす必要があるからです。

 

ただ、置き換え食として青汁を1食分として利用するなら、ダイエット効果はあるでしょう。

 

普段の食事に青汁を追加しただけでは痩せることはありません。

 

 

 

青汁の成分について

 

青汁の成分は、主に3つあります。

 

・大麦若葉

 

・明日葉

 

・ケール

どの青汁も主成分は大体上記3つのうちのどれかから精製されています。これらの成分の特徴は、ビタミンミネラルが豊富ということ、それに食物繊維も多く含まれているということです。